TOPPAGE > ブログ
同志社大学硬式野球部ブログ

2017年4月16日

昨季王者、関大から勝ち点奪えず

こんばんは。

桜の開花もピークを過ぎ、4月も中旬に差し掛かりました。気温の変化も激しいですが、温かく過ごしやすい日が多くなったかと思います。

さて、4月15日(土)、16日(日)に行われた2017年度春季リーグ戦第三節 対関西大学戦を振り返りたいと思います。

<4月15日(土) 第三節 関西大学 一回戦>

初戦の先発マウンドを踏んだ福島(3・大阪桐蔭)は、1回表を三者で切り抜けるも2回表に本塁打を浴び、先制点を与えてしまいます。その後も安打を打たれはしますが野手陣の堅い守りにより進塁を阻みます。一方の打線は、5回裏まで相手投手の好投により、2安打6三振と、反撃の狼煙をあげることが出来ません。6回裏、辻(3・履正社)、小川(晃)(1・龍谷大平安)の連続安打、福原(3・今治西)の四球により、二死満塁と得点のチャンスを迎えますが、後続が絶たれホームベースを踏むことが出来ません。しかし、1‐0で迎えた8回裏、この回先頭の福島が四球を選ぶと、すかさず犠打で送り、二死2塁とします。そして、打席に入った平山(4・鳥取城北)が左前に適時打を放ち、ランナー生還、ようやく1点を返し同点となります。試合は延長戦となり、10回のマウンドにも福島が。流れを渡すまいと、力投しますが一死から死球を与えてしまい、続く打者に中前安打を放たれ、その間に勝ち越しを許し、2‐0となります。このままでは終われない同志社の10回裏の攻撃、先頭打者辻、小川(晃)の連続安打により無死1・2塁とまたも得点のチャンス作り、フライによりそれぞれ進塁、二死2・3塁とあと一打で同点まで迫りますが、最後の打者を打ち取られ、試合終了。大事な初戦は黒星を喫します。

DSCF4353.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

【写真:10イニングを投げ切った福島】

<4月16日(日) 第三節 関西大学 二回戦>

昨日の悔しさを晴らし、何としても三回戦に持ち込みたい同志社、二回戦の先発は今季初先発の渡邉(4・川越東)に託されます。1回裏、死球で出塁を許すと、二つのエラーにより一死2・3塁となります。そして野手選択の間にランナーが還り1点を先制されてしまいます。0‐1で迎えた4回表、福原、山岸(4・天理)の連続安打、四川(1・履正社)の四球により一死満塁と得点のチャンスを作ります。そして代打竹中(4・県岐阜商)も四球を選び、押し出しにより1点を返し試合を振り出しに戻します。そして5回表、平山が左前二塁打を放ち、内野ゴロの間に進塁、二死3塁と勝ち越しのチャンスで打席には山岸。このチャンスを逃すまいと渾身の一振りで左前適時打を放ち、ランナー生還。ついに1点を奪い返し、1‐2と試合の流れを呼び戻します。4回裏からマウンドに上がっている村居(2・県岐阜商)は、4・5回をしっかり抑え、リードを守ります。しかし6回裏、代打に本塁打を打たれ2‐2と、またも試合は振り出しに戻りますが、その後7回までを投げ、打たれた安打は本塁打を含めて2本。初登板とは思えぬ堂々としたピッチングでチームの士気を高めてくれました。村居の後を引き継ぎ、8回裏からマウンドに立った仲野(1・天理)は、四球を与えはするも、しっかり打ち取り追加点を許しません。同点で迎えた9回裏、先頭打者に安打を許すも盗塁牽制で進塁を阻止します。一死から打席には9番打者、この日9回までを投げ抜いている相手投手を前に、仲野は果敢に攻めますが2ストライクから放った3球目は、弧を描き右翼手を越えスタンドに。本塁打を浴び試合終了となりました。

DSCF4694 (1).JPGのサムネイル画像

【写真:初登板初先発の渡邉】

DSCF4809.JPGのサムネイル画像

【写真:力投を魅せる村居】

DSCF4900.JPGのサムネイル画像

【写真:リーグ戦デビューの仲野】

DSCF4765.JPGのサムネイル画像

【写真:3塁審にアピールする福原】

第三節の一・二回戦は、どちらもあと一本が欲しい場面で出なかった結果、敗戦に繋がってしまった試合となりました。しかし、この二試合、投手陣の奮闘がなければ、このような接戦にもなっていなかったと感じます。二回戦で投げた三人は、リーグ戦初登板にも関わらず力強いピッチングで試合の流れを何度も引き寄せてくれました。開幕4連敗となり、優勝するのは難しくなりました。しかし、勝負はまだ終わっていませんし、まだまだ試合は残っています。ここまでの試合で力投した投手陣の活躍を無駄にしないためにも、次は野手陣、打撃陣が試合を作っていかなければなりません。順位はもちろん気になりますが、敗戦を真摯に受け止め、次節で連敗を止めれるよう日々の練習に精進したいと思います。

マネージャー武市侑子

2017年4月11日

初節、勝ち点を落とす

こんにちは。

4月に入り暖かくなったかと思いきや、急に冷え込む日が続いております。 花粉症や風邪の季節ですが、皆さま変わらずお過ごしでしょうか。

さて、4月8日(土)、10日(月)には、2017年度春季リーグ戦第二節、対近畿大学戦が行われました。


〈4月8日(土) 第二節 近畿大学 一回戦〉


雨が降りしきる中、今季初戦の先発マウンドに上がった福島(3・大阪桐蔭)は先頭打者を三振に抑えると、その後ランナーを出しながらも持ち前の気迫と粘り強さで相手打線を封じます。

一方の打撃陣は2回表には5番松本(2・敦賀気比)がレフト前安打で出塁し、相手のエラーと犠打、犠飛で1点を先制します。その後1点を返され試合は振り出しに戻りますが、4回表、4番福原(3・今治西)が出塁後、相手のエラーが絡んで1点を追加し、すぐに近畿大学を突き放します。 5回表には福原の二本目の安打でチャンスを作ると、続く東山(4・県岐阜商)のセンター前安打、主将山岸(4・天理)の左中間への適時二塁打で更に2点を追加。

4-1と3点リードの状態で試合は後半戦へ。

8回裏、先頭打者から三連続安打を浴び1点を許し、9回裏にはまたもや連続安打と四球で2点を返され、なんと最終回に同点まで追いつかれます。福島も持ち前の精神力と気迫で後続2人を三振と邪飛に抑え、二死1,3塁で相手打者が放ったのは内野フライ。

何とか乗り切ったか、と思われましたが、一塁手と投手の連携、声掛けがうまくいかずに捕球失敗。サヨナラ負けでゲームセットとなりました。

IMG_3449.JPG

【写真:打席に立つ東山(4・県岐阜商)】


IMG_3451.JPG

【写真:二点目追加で沸くベンチ】


〈4月10日(月) 第二節 近畿大学 一回戦〉


一戦目の雨の影響でグラウンド状況が悪く、一日空けての二戦目となりました。 この日も先発は福島。

先日の惜敗を糧に、今日こそは勝ちたいとチーム全員が思って臨んだ試合でした。

福島は1回、2回とリズムの良いピッチングで順調に抑えますが、3回表には内野安打と2本の長打を浴び、2点を先制されます。打撃陣は1回裏に2番小川(晃)(1・龍谷大平安)の内野安打と福原のレフト前安打で二死1、3塁のチャンスを作るも得点につながりません。

IMG_3450.JPG

【写真:力投する福島(3・大阪桐蔭)】

4番福原は4回裏にライト線二塁打、6回裏にセンター前安打とこの日3本の安打を放ったものの、全体としては相手投手に抑えられ、二点ビハインドのまま後半戦に入ります。 7回表、1,2,3番に連続安打を浴び、暴投と送球エラーが絡んで更に3点を追加され、5-0となります。

8回表からは難波(2・PL学園)が登板し好投を見せ、流れを変えようと試みましたが打線が振るわず試合終了。

5点差で負けを喫し、2敗で勝ち点を落とすこととなりました。


昨年の秋リーグ、立命館大学相手にあと一勝が取れなかったあの悔しさを原動力に皆が練習に励んできました。必ず神宮大会に行くと、ことあるごとに目標を確認しあってチーム改革を行ってきました。

しかし、勝負は結果がすべてであり、勝てなければ意味がないと感じます。初節を落としたということは、何かチームに足りない部分があったのだと思います。 選手たちも今、もがきながら悩みながら必死に勝つために奮闘しています。マネージャーの私達にも、勝利に影響するアクションを起こせると思っています。

チームスローガンの『結心』は、心と心を結ぶという意味です。選手、指導陣はもちろん、マネージャーも、トレーナーも、誰一人優勝を諦めていません。

次の試合は第三節、対関西大学戦です。今回の試合の反省点を改善し、心を入れ替えて練習に励んで参ります。どうか、この記事を読んでくださっている皆様も、心を結んで、変わらぬご声援を宜しくお願い申し上げます。


マネージャー 片平佳奈

2017年4月 2日

リーグ戦に向けて

こんばんは。

本日は、ぽかぽかとした気候で春らしい一日となりました。昼からNOMOベースボールクラブとのオープン戦が行われ、8-1で勝利いたしました。

夕方からは應援團が来て下さり、リーグ戦に向けての応援合同練習を行いました。定番の曲から新しい曲まで、元気溌剌と指導してくださり、応援練習は盛り上がっていました。

IMG_3341.JPG

【写真:応援練習の様子】


リーグ戦では野球部と應援團が一つになって、スタンドからプレーをしている選手を鼓舞し、勝利への後押しをしていきます。

また、主将と應援團長が握手を交わし、今年こそは必ず優勝すると誓い合いました。

IMG_3340.JPG

【写真:應援團長と主将の山岸】


応援練習後は、室内練習場で新入生と2~4回生の対面式を行いました。主将からの厳しい言葉もあり、気持ちが引き締まったことと思います。

IMG_3342.JPG

【写真:対面式の様子】


その後、毎年恒例、新二回生が新入生に履修の組み方を指導し、効率良く練習ができるように時間割を組んでいました。新入生は新しい事ばかりで不安が多いと思いますが、徐々に慣れていってほしいと思います。


IMG_3343.JPG


【写真:履修相談会の様子】


リーグ戦まで残り5日となりました。リーグ戦に向けて全員が気持ちを一つにして高めていきたいと思います。



同志社大学硬式野球部

マネージャー 川岸さくら

2017年4月 1日

今日から4月!

こんばんは。本日から4月に入り、桜の満開を心待ちにする時期がやってきました。同志社大学では入学式が行われ、これから始まる大学生活へ期待に満ち溢れた面持ちの新入生を多く見かけました。本日、新たな門出を迎えられた皆様、誠におめでとうございます。

入学式に並行して関西学生野球連盟春季リーグ戦開会式が行われました。同志社の試合はありませんでしたが、開会式後、二試合を観戦し来週の初戦に向けて気持ちを高めました。

IMG_3314.JPG

【写真:開会式の様子】


また、新入部員の名簿は後日、弊部のホームページにてアップさせていただきます。ぜひご覧ください。


同志社大学硬式野球部

マネージャー 川岸さくら


2017年3月31日

明日いよいよ春季リーグ戦開幕!

こんにちは。
本日は、降りしきる雨の中、新入生の入部式が行われました。今年度は計34名の新入生を迎え、リーグ戦優勝に向けて新体制が整いました。
センバツ大会の決勝が雨天延期となりましたが、あいにくホームとアウェイで予定されていたオープン戦二試合も雨天中止となりました。

いよいよ明日から春季リーグ戦が開幕いたします。
同志社は第二節の近畿大学戦が初戦となります。相手がどこであれ、新チームになって今までやってきたことを信じて一戦一戦を戦うのみです。残り一週間で最終調整をし、初戦に向けて心も身体も準備を整えていきたいと思います。

【春季リーグ戦日程表】

IMG_3294.PNG


第八節のみ、1・2回戦が13時、3回戦が17時試合開始となっております。

今季こそは必ずリーグ戦優勝を果たし、神宮へ出場すべく全力で戦って参ります。
どうか変わらぬご声援の程、よろしくお願い申し上げます。


同志社大学硬式野球部
マネージャー 川岸さくら

2017年3月20日

同早定期野球戦復活第4戦

こんばんは。

本日、京都市伏見桃山球場にて、同早定期野球戦復活第4戦が行われました。外野には伏見桃山城を望むことができる、京都らしい景観の下、今年の定期戦は行われました。

試合開始は12時からでしたが、数時間前から多数の方々が球場に集まって下さり、総計500名ほどの観客の方々にお越しいただきました。
試合前には優勝杯返還、両校ペナント交換、両校校歌斉唱が行われました。

IMG_3133.JPG

【写真:両校ペナント交換の様子】

試合結果は3-0と同志社が40年ぶりに優勝杯を手にすることができました。
IMG_3135.JPG
【写真:優勝杯授与の様子】
IMG_3136.JPG
【集合写真】

今後も相互関係を築き、早稲田と同志社野球部に歴史を刻み続けていきたいと思います。神宮球場で会える日を楽しみに、毎日の練習に励んで参ります。

本年もこのように定期戦を行うことができましたのは、早稲田大学硬式野球部の皆様、両大学の校友会やOB会の皆様、そして日頃から応援してくださる皆様のご尽力があってのことだと感じております。本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。


同志社大学硬式野球部
マネージャー 川岸さくら

2017年3月19日

早稲田大学レセプション

こんばんは。3月も中旬に入り、段々と日が長くなって参りました。京田辺では桜の開花がちらほら見られます。

本日は、明日に控えた同早定期野球戦復活第4戦の前に早稲田大学を歓迎するレセプションが京田辺キャンパス内で行われました。

昨年は私たちが早稲田大学野球部安部グラウンドへ出向きましたが、本年は早稲田大学野球部の方々に同志社大学のグラウンドへ足を運んでいただきました。

レセプションでは、両校の現役選手・監督・部長、OB会役員の方々、そして沢山の来賓の方々にお越しいただき、大変有意義な時間を過ごすことができました。OB会の皆様、並びに関係者の皆様、本当にありがとうございました。


IMG_3120.JPG

IMG_3121.JPG

【写真:両校監督の挨拶】


明日はいよいよ同早定期野球戦復活第4戦です。37年ぶりに定期戦が復活してから今年で4度目の復活戦となります。しかし只今、同志社は3連敗を喫しております。本年こそは必ず勝利し、優勝杯を手にしたいと思います。


【同早定期野球戦復活第4戦(同志社大学対早稲田大学定期戦)】

日時:平成29年3月20日(祝・月)

セレモニー開始 11:30

試合開始 12:00

場所:京都市伏見桃山城運動公園野球場


ぜひ、皆様球場まで足をお運びいただき、熱いご声援の程、宜しくお願い申し上げます。多数のご来場を部員一同心よりお待ちしております。


同志社大学硬式野球部

マネージャー 川岸さくら



2017年3月 5日

丸亀キャンプ最終日

こんばんは。

今日は一日中曇り空で肌寒い天気でした。2月27日からの丸亀キャンプも今日が最終日となりました。愛媛キャンプから数えると、2週間が一瞬のように過ぎ去り、毎日がとても充実していまいた。

今日は、いつもの時間より少し早めにホテルを出て、岡山に移動しました。ホテルを出発する時に、お世話になりましたホテルの方にご挨拶を致しました。練習から帰ってきて安らげる環境を整えて下さったホテルの方々には感謝の気持ちで一杯です。

IMG_3098.JPG

【写真:挨拶の様子】

岡山では、キャンプの締めくくりともいえるオープン戦二試合を行いました。先日のブログでも書かせていただいたように、リーグ戦の3連戦を意識して戦うという目標は、達成には惜しくも至りませんでしたが、リーグ戦への準備は進んできているように思えました。

IMG_3108.JPG

【写真:コンディショニングの様子】

IMG_3107.JPG

IMG_3106.JPG

IMG_3105.JPG

【写真:オープン戦の様子】

今日でキャンプ全日程が終了となりますが、明後日から始まる練習やオープン戦に向けて、明日一日ゆっくりリラックスして、疲れを取りたいと思います。愛媛・丸亀両キャンプで得たものを無駄にすることがないよう、リーグ戦開幕まで努力を惜しまず精進して参ります。

最後になりますが、愛媛・丸亀キャンプを行うにあたり、ご協力いただきましたすべての方々に心よりお礼申し上げます。ありがとうございまいた。また来年もよろしくお願いいたします。


マネ―ジャー武市侑子

2017年3月 4日

丸亀キャンプ6日目


こんばんは。長いようで短かった今年の春季キャンプも残すところあと1日となりました。明日の朝にはホテルを出て岡山へ出発します。

本日は、四国学院大学とのオープン戦が行われました。結果は、1試合目が5-6、2試合目が7-2、一勝一敗となりました。しかし、このチームで常に心がけているベンチでの声出し、ベンチワークは2試合とも相手を圧倒していました。一人一人強みは違いますが、今年のチームスローガンを達成するためには、ベンチワークは誰もが強みにできるくらいにしていかなければなりません。

IMG_2899.JPG


IMG_2900.JPG


IMG_2901.JPG

【写真:オープン戦の様子】

明日がキャンプ最後のオープン戦となります。キャンプの総括として二試合共に勝利し、充実したキャンプであったと全員が言えるようにしたいと思います。また、田辺へ帰ってもキャンプで得たことを継続し、リーグ戦へ向けて準備をしていきたいと思います。


マネージャー 川岸さくら



2017年3月 3日

丸亀キャンプ5日目

こんばんは。

丸亀キャンプも残すところあと二日となりました。今日の天気は昨日と違い風も穏やかで、バックスクリーンの上で靡いている校旗が風で飛んでいく心配もせず過ごすことができました。

昨日のミーティングで、今日から始まる3連戦をリーグ戦の3連戦と思って戦い、必ず白星3つとることを目標にしました。今日は大事な1戦目。0-0で迎えた4回裏、四球と野手選択で進塁し、犠打を絡め一死2・3塁から続く打者が流れを止めることなくライトへの適時三塁打を放ち、2点を先制します。9回表に2つの単打と四球で1点を与えますが、このまま逃げ切りゲームセット。1戦目に白星を飾ることができました。

IMG_3078.JPG

【写真:OP戦の様子】

今日でコカ・コーラボトリングスタジアム丸亀を使わせていただくのも最後となりました。物凄くきれいな球場で何不自由なく練習することができました。また、球場での昼食は、ばばフーズ様のお世話になり毎日おいしいご飯を頂きました。間食のぶっかけ讃岐うどんは好評で、昼食と間食の間が短くても皆完食していました。球場関係者の方々、ばばフーズ様、本当にありがとうございまいした。

IMG_3079.JPG

【写真:丸亀キャンプの締めの様子】

IMG_3077.JPG

【写真:丸亀キャンプ集合写真】


マネージャー武市侑子




Archives